障がい福祉サービス事業

三障がい(身体・知的・精神)者への福祉サービスを行います。介護保険と同様、支援計画書作成、評価、更新契約など法令を遵守し、利用者が持ちあわせている障がいの特異性に配慮し、支援を行います。

  1. 介護給付費事業(訪問系のみ)
    1. 居宅介護:自宅において入浴、排せつ、食事の介護を行います。
    2. 重度訪問介護:重度の肢体不自由者で常に介護を必要とする人に、自宅での入浴、排せつ、食事の介護から、外出時の移動支援等を総合的に行います。
    3. 同行援護:視覚障がいにより著しい困難を有する人の外出時に同行し、移動に必要な情報を提供するとともに、移動の援護を行います。
  2. 地域生活支援事業
    1. 移動支援事業:障がいにより屋外での移動が困難な障方へ、地域での自立支援と社会参加の促進のために、外出時の支援を行います。
    2. 日中一時支援事業:障がい者の日中における活動の場を確保し、介護者の就労支援及び日常的に介護している家族の一時的な休息を提供します。
    3. 通学・通所支援事業:障がいのある児童等の通学や施設への送迎支援を行ないます。